貴方との別れを決断するのは容易かった。

でも、貴方を忘れるのはそうはいかなかった。

あの癖毛の茶髪が 目に焼きついて離れない。

いつもつけてた香水のにおいを 身体が覚えている。

あぁ こんなにも

あたしは貴方で作られてたんだ。



















女の子お絵かき掲示板ナスカiPhone修理池袋 ブラジリアンワックス